こんな「土地」は危ない!

ある地域で地震が起こりました。広範囲による被害が予想されます。しかし、地震被害が広範囲と予想されるにも関わらず、ある一部の地域だけ帯状に家も土地も山も崩れていることがあります。

 

まるで、地震という怪物がどしりどしり、と歩いてわたってきた足跡のようにもみえるこの現象を「地震の道」と地震を研究する専門家たちは呼んでいます。

 

地震の道になってしまう原因は、地盤の弱さにあります。それでは「地震の道」になりやすい地盤の弱い土地とはいったいどんな特徴があるのか探ってみましょう。

 

 

「埋め立て地」は液状化現象になる可能性大!

埋立地や河川に近い土地は、液状化現象になりやすいといわれています。これらの土地は、砂の粒子と粒子のあいだに水分が入っている構造になっています。しかし、揺れによって粒子同士がくっついて圧縮したかたちで下へと沈んでしまうでしょう。水分だけが押し出されてしまうため、行き場を失って地面のうえに吹き出していきます。そうなると泥水にあふれ、家が沈下したり、横に倒れたりするなどしてしまいますよね。

 

引っ越ししたり、新しく土地や家を買う場合は、その土地のことをよく調べてから購入した方がいいでしょう。自分の家が埋め立て地であった場合は、地中奥深くに杭を打つ工法をしておいた方がいいといわれています。

「海」に近い土地は津波の心配があり!

海に近い地域に住んでいる住民は地震の被害を受けやすいです。地震被害だけでなく、津波の被害が心配されるからです。津波といえば、最近起きた東日本大震災の恐ろしさがすぐに目に浮かんでしまいますが、昔から海周辺と津波とはきっても切り離せない関係にあったのです。

 

むかし、関東大震災が起きた時に住んでいる地域によって被害に大きな差がありました。江戸時代のころ海だった江東地区や下町というのは、台地にあった地域とくらべて多くの家が倒壊していったそうです。家を建てるなら、海の周辺ではなく高台へ家を建てた方がいいかもしれません。

「造成地」は不同沈下の恐れが…。

崖の崩れや地滑りなどに注意したいのが「造成地」です。造成地とは、山を造成した土地のこと。昔からの地形を削って作った土地を「切り土」、低い部分に土を盛ってつくった土地を「盛り土」といいます。谷を埋め立てて造成したものを「谷埋め盛り土」といいます。

 

これらの土地は、地震が起きたとき、建物全体が同一な沈下をしないで、ある面が著しく沈下を起こすなど、不均等に沈む「不同沈下」が起こりやすいといわれています。切り土と盛り土にまたがている家は、不同沈下のおそれがありますし、盛り土の上だと不同沈下で崩れる危険性もたかいですね。

 

盛り土がすべて危ないわけではありませんが、新潟中越地震では大きな地滑りや被害おあった住宅地の大半は盛り土だったようです。また、十勝沖地震では、札幌市内の家はほとんど被害がなかったのに比べ、山を切り開いて作った造成地では、不同沈下を起こしてたくさん傾いた家があったそうです。

危ない土地は「地名」から推測できる?

地名から”この土地は昔どんな場所であったか”推測できるという方法もあります。地名というのは何らかしらの所以があるからついた可能性が高いからでうs。
「川」「河」「沼」「池」など”さんずい”がつくものは、水との関わりが深くあったというしるしのようなもの。ほかにも「谷」「坂」などがついた地名は、山崩れの恐れがあると思われます。反対に「平」「山」「谷」「丘」などは高台で比較的安定している土地であるのかも知れませんね。このように地名(町名)をヒントに土地選びをしてみる。これも地震対策のひとつですよ。

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 「わが家」と「財産」の守り方 > こんな「土地」は危ない!
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析