今注目の「地震保険」とは?

「火災保険はいらないけど、地震保険には入りたい」という人が中にはいるかもしれませんが、地震保険単独で契約することは残念ながらできません。地震保険の契約は「火災保険とセット」という決まりがあるからです。

 

契約金額は、火災保険の保険金額に対して30%〜50%の範囲内でかけられています。ただし、上限が決まっていて、建物が1000万円、家財が500万円となります。マンションの場合でも同じ限度が決まっています。それは専用、共有部分ともにです。

保険料について

気になる保険料は、「都道府県別の危険度ランク」「木造か非木造か」によって差があります。

 

 

○「都道府県別の危険度ランク」

 

都道府県別の危険度ランクで1等地から4等地まで4段階に分けられています。(4等地がもっとも危険)ちなみにもっとも危険ランクが高いのが、東京、神奈川、静岡で、保険料も高い4等地となります。

 

 

○「木造か非木造か」

 

建物が木造か木造でないかによっても保険料は大きく違ってきます。木造よりも燃えにくく倒れにくい鉄筋で造られた建物は、年間に払う保険料が少なくてすみます。

 

たとえば保険金額が1000万円の場合、非木造の1等地では建物が年間5000円なのに対し、木造の4等地となると35000円以上、それほどまで金額の違いがあるのです。そして「保険料は掛け捨てである」ということも忘れてはいけませんね。

必要な証書の控えはコピーして持参しておこう

これらを請求しるときに必要な証書の控えは、縮小コピーをして非常時に持ち出す袋の中に入れておきましょう。または、本人と確認できるものを必ず携帯しておくことも大事です。本人と確認できれば、保険金が請求できる臨時の取扱いがされるケースも阪神淡路大震災のときにありました。

新しいタイプの地震保険がある

地震にあった後の生活を助けてくれる新タイプの保険もでてきました。今までの地震保険と違うのは建物・家財だけを保障してくれたのに対して、震災等で被災された後の生活再建費用を補償してくれるのが特徴です。

 

普通の地震保険の保険金額は火災保険金額(補償額)の50%なのでそれだけでは生活再建の金額としては不十分な場合があります。今入っている地震保険に加えて契約してみるのもいいでしょう。

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 「わが家」と「財産」の守り方 > 今注目の「地震保険」とは?
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析