持って逃げるべき貴重品とは?

もし、大地震がきて、家から逃げることになったときに貴重品は持って逃げ出した方がいいのでしょうか?

 

とりあえず持って逃げるべき貴重品

 

  • 現金

 

当面の生活費の確保のため

  • 通帳

 

現金が足りないとき預金をおろすため
これからの生活費など

 

  • 印鑑

 

公的書類の申請など

 

  • 健康保険証

 

医療機関の診療、身分証明書

 

  • 免許証、パスポート

 

身分証明書

 

  • 保険証券

 

保険申請の手続きのため

絶対に持ち出したいのは「現金」

絶対に持ち出して逃げたいのが「現金」です。現金がなけば、避難中必要なものを購入することができないからです。また、家を留守にしているときに空き巣被害にあう可能性はないとはいいきれませんよね。

 

東日本大震災のときは、津波から逃げるため、時間との戦いでした。ということもあり、着の身着のままで避難した方が多かったようです。

 

そのため、銀行口座にお金が入っていても、通帳や本人確認ができる書類(健康保険証、運転免許証、住民票、戸籍など)がないため、簡単には引き出すことができません。現金がないため、食料品や日常品の買い出しができずに当面の生活費の確保が大変だったそうです。

 

当面の生活費用を確保するためにも、空き巣被害にあわないためにも、現金はかならず持ち出せるように準備しておきたいものです。

本人確認ができるものと通帳&印鑑セット

現金のほかにも現金が足りなくなったときにいつでもお金をおろせるように「通帳」と「印鑑」は前もって準備しておいた方がいいですね。

 

「印鑑」は公的書類の申請に、「健康保険証」は医療機関の診療や身分証明書に必要となってきます。そのほかに持って逃げたい貴重品をまとめてみたので参考にして準備しておいてくださいね。

家のどこに準備しておけばいい?

避難する歳にすぐに持ち出していけるようにすぐ手にとれるところに置いたり、1か所にまとめておいておく方が危険です。または、持ち出ししやすいようにバックにおいておくのもよくありません。

 

防犯という面も考え、目立たない場所に分散して保管しておくとよいでしょう。銀行の貸し出し金庫など安全な場所に避難させておくとよいですよ。

避難するなら貴重品は持ち出そう

実際に、地震をはじめ火災や津波などの大震災の際には「命を守るのが精一杯で貴重品を持ち出す余裕さえなかった」という人たちも実際には多くいます。

 

たしかに命が第一優先ですが、もし、貴重品を持ち出すこと余裕があるのであれば、ぜひとも持って逃げだした方がいいでしょう。

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 「わが家」と「財産」の守り方 > 持って逃げるべき貴重品とは?
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析