本当にやくだつ情報源が知りたい!

大震災では町全体の機能が停止し、広い範囲で停電になってしまうことが予想されます。電気もつかえなくなるので手軽に情報を得られるテレビさえも見れず、「今どんな状況か」不安になるでしょう。また、家族や知り合いに連絡がとりたくても電話もつながらなくなると思ってください。

 

そんなときにどうやって情報を得たり、家族や知り合いと連絡をとりあうことができるのでしょうか。大地震にあったときの情報を集める手段をご紹介しましょう。

ラジオほど役立つ情報源はない!

電池式の携帯ラジオ

 

地震で停電になったとき活躍するのが「電池式のラジオ」です。ラジオのいいところは、今リアルに起こっている現状をいち早く手に入れられるところ。

 

デマや風評は正しい情報がないときに起こるもの。情報を把握する手段をきちんと持っていればそれらに流されずに済むので安心ですよね。停電の際にもつかえて持ち運びが便利な「電池式の携帯ラジオ」はいつでも手元においておきたいものでしょう。

 

 

インターネット

 

大きな枠での情報を幅広く手に入れたいならばラジオが一番ですが、ここだけはもっと深く知りたいというときにはラジオは不得意かもしれません。

 

”ここをもっと知りたい!”ときにおススメなのが「インターネット」です。電気が使えるという場合はインターネットも立派な情報源ですよね。

 

インターネットのよいところは、個人レベルで知りたい情報を細かくチョイスして集められるところ。生存者の情報やボランティアの情報、震災生活に必要な情報などをいろいろと得られることができます。いつでも欲しい情報を引き出せるので助かりますよね。

 

ただし、ネット上ではデマ情報があるので要注意!正確な情報が知りたいならば、政府の公式発表、自治体や公共施設など、しっかりとした情報源を選択したほうがいいでしょう。

情報収集だけでなく安否確認もできる

○Twitter、facebook

 

 

情報収集だけでなく安否確認ができるのもインターネットの良いところ。2011年3月11日に起きた東日本大震災では、公衆電話が少し繋がりましたが、携帯電話はほとんどつながらなかったそうです。パソコンからのメールは大丈夫でも携帯メールもできるところとできないところがあったようです。

 

その中で一番大活躍したのが「Twitter」や「facebook」でした。Twitterで被災地より「助けて!」とSOSのツイートがあったり、安否確認のツイートもあったそうです。それで助かった人も多いらしいです。また、途切れることなく使えたものいいですね。

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 「わが家」と「財産」の守り方 > 本当にやくだつ情報源が知りたい!
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析