玄関ドアをチェックしよう

地震の揺れで壊れやすいのが壁や天井、ドア、窓です。中でも一番壊れて困るのが「玄関ドア」でしょう。いざというときに逃げる場所が途絶えてしまうからです。地震が発生したら机の下にもぐっているのではなく、まずは玄関ドアを開くこと第一。倒壊や火災など危険と感じたらすぐに脱出するように移動しましょう。

 

でも、せっかく脱出しようと玄関まできたのにドアが歪んでいて開かなかったでは困ります。ということで、玄関ドア周りをチェックしておくことをおすすめいたします。

 

 

玄関ドアを支える

これから家を建てる人は、まっさきにドア周りの耐震性を考えるようにしたいもの。地震で変形しやすいのはドアを支える蝶番(ちょうつがい)と呼ばれるところでしょう。

 

地震によって建物が揺れると玄関ドア部分も変形を繰り返すようになってしまいます。その結果、ドアの角が枠に接触してドアを支える蝶番に大きな力がかかり、ドアが開かなくなってしまうケースがあります。いざというときにすみやかに逃げられるためにも「ドア枠」の耐震性を確保することが大事でしょう。

 

ドア枠には、変形させないようにドアとの接触の抵抗を減らすタイプのものを選びたいですね。「耐震ドア枠」という初めからドア枠とドアの間に十分な間をあけたものを使うとよいでしょう。

 

 

また、蝶番(ちょうつがい)にも注目です。蝶番はドアと枠が接触したときにかかる力を吸収できるよう、軸部分にスプリングのはいった「耐震丁番」が安心でしょう。

 

 

そして、防犯用の「ドアガード」にも気を配りたいもの。玄関ドアの枠のストッパーに引っ掛けるタイプのドアガードは、ロックされた状態で地震が発生すると、ドア枠が変形しドアガードを外すことができなくなってしまいます。結果、ドアが開かなくなることもでてくるでしょう。

 

このようなことが起こらないよう、付け根部分の余裕を大きくしたタイプのドアガードやドアチェーンに変えたほうが、もしものときに安心ですね。

 

地震・災害・防犯対応型ドアストッパー

地震・災害・防犯対応型ドアストッパー
コモライフ
売り上げランキング: 123161

 

プロが教える住まいと防犯住宅―凶悪化する犯罪と最先端セキュリティ [単行本]

プロが教える住まいと防犯住宅―凶悪化する犯罪と最先端セキュリティ
中西 崇
週刊住宅新聞社
売り上げランキング: 159817

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 家の中での地震対策 > 玄関ドアをチェックしよう
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析