緊急避難用グッズ

震災が起きてとりあえず持ち出すものを「緊急避難グッズ」(一次持ち出し品)といいます。揺れがひどくて身ひとつで逃げてきたというのはダメ。3日くらい生き抜くために必要なものを持って逃げてください。というのも水や食品などの援助物質が避難翌日から確実に届けられるということは期待できないからです。最低でも3日間は自力でしのげるよう、日頃から準備しておきましょう。

 

では、どんなものを用意したらよいのでしょうか?それでは、これだけは持って逃げたい「緊急避難用グッズ」(一次持ち出し品)を具体的に紹介いたしたいと思います。

 

緊急避難用グッズリスト

◎飲料水

 

ペットボトル入りのミネラルウォーターが手軽。用意するのは1人1日2〜3リットルほど、つまり大型ペットボトルで1〜2本が目安といわれてる。家族全員分の3日分を蓄えると相当な重量になるのでそれは実際に難しいだろう。なので、ほかの荷物を全部まとめたあと、実際に運べる分だけ詰めた方がいいでしょう。

 

 

◎非常食

 

乾パンや缶づめなどは有名であるが、そのほかにもカロリーの高いチョコレートやチーズ、ミックスおつまみ、ドライフルーツ、おせんべい、小魚、なども用意しよう。

 

 

◎懐中電灯

 

懐中電灯の選ぶポイントは「小型」「軽い」「光が明るい」もの。今では多機能化されており、被災時に役立つようラジオ放送が受信できるものやテレビ受像機が内蔵されているものもあり、小型のものでは防犯ブザーと一体化している製品も売られています。

 

年に一度は電池の交換をし、転倒するかチェックしておくことは大切。また、電池のストックも忘れないで準備しておきたい。

 

 

 

◎携帯ラジオ

 

災害時に必要なのは”情報”です。正確な情報を入手するにはラジオが一番です。行動しながら情報を得られるというのも助かりますよね。選ぶときに絶対に避けたいのが、特殊な電池を使用しているもの。電池は手に入らないからです。

 

今は、レバーを回すだけで簡単に充電できる「手回し充電ラジオ」、危険を周囲に知らせてくれる「非常時サイレン」がついていたり、「懐中電灯」など2役も3役もこなしてくれる携帯ラジオが人気です。「携帯電話の充電もできる」といった優れた機能をもった携帯ラジオが売られている。

 

 

◎救急キット

 

万が一の場合を備えて、救急キットを用意しておきましょう。市販のセットが内容に過不足がなくて使いやすいですが、必要に応じてほかの応急用品や常備薬などを追加して、オリジナルキットを作ってみてください。

 

 

≪救急セットの中身一例≫

 

・ 三角巾
・ サラシの布 
・ バンドエイド 
・ イソジンガーグル(うがい液) (万能消毒薬にも可能)
・ 注射針 (安全ピンでも縫い針でも可)
・ 抗生物質軟膏
・ 紙絆創膏
・ 解熱鎮痛剤
・ 正露丸
・ ハサミ、ナイフ、ピンセット

 

 

◎現金

 

緊急避難といえども多少のお金は用意して逃げたい。どれくらいの金額がいいかというのも難しいところだが1週間くらいをしのげるくらいの金額が理想的。公衆電話は停電するとテレフォンカード利用できず硬貨しか使えない。10円玉や100円玉はたくさん用意しておいた方がよいでしょう。スーパーやコンビニなどで何か買い物する場合、つり銭がなくなる可能性もあるので、1万円ではなく千円冊や硬貨を準備しておこう。

 

 

◎大切な書類

 

とりあえずの緊急避難だが、その避難日時が長引くかもしれないことを想定して、各種証明書、保険証、通帳、免許書などできたら持っていった方がいいだろう。控えでもよし。

 

 

 

◎軍手と皮の作業手袋

 

何か作業をするときに必ず必要となるから。

 

 

 

◎下着、生理用品

 

清潔を保つために必要(女性は生理用品も)

 

 

 

◎トイレットペーパー

 

芯を抜いてつぶしておくと荷物のかさばり予防になる。

 

 

 

◎その他

 

めがね、持病の薬、ゴミ袋、レジャーシート、ライター、
新聞紙、マジックペン、タオル、など

 

 

 

■荷造りのポイント

 

 

・荷造りをするうえでのポイントは、女性でも持ち出せる程度の重さであることです。女性が持ち出せるのは重さはだいたい5キロほどと考えた方がいいでしょう。

 

・両手はふさがらないこと。リックサックなど両手が自由になるものの方が行動しやすいです。

 

・ミネラルウォーターの量は多いに越したことはありませんが重さをよく考えて。

 

・夫婦一緒に避難する場合は、お父さんがメインの袋を持って、お母さんがサブの袋を持つなど役割分担するような荷造りをしておきましょう。

 

・子どもにも体に合った大きさのリュックサックに軽いもの(お菓子や下着、生理用品、タオル、テッシュペーパー)をつめて持たせてもいいでしょう。

 

 

 

 

■保管場所は?

 

 

◎玄関付近

 

 

緊急避難用グッズはリュックサックに詰めて玄関付近に保管しておくようにしましょう。いつでもそれを担いで逃げだすことができますし、もし着の身着のままで逃げたとしても揺れがおさまった後にすぐに取り出す場合も玄関なら取り出しやすいですよね。

 

 

 

◎車のトランクの中

 

車のキーさえ持っていれば大丈夫です。いざというとき、車は移住スペースにも活用できるし、いつでもどこへでも逃げ出すことができるので。

 

 

 

■半年に1回は中身の点検をしよう

 

荷物は置きっぱなしにしないで、半年に1回くらいの中身チェックが必要になってきます。水や食料品(乾パン、缶詰、チョコレートなど)は新しいものに交換しましょう。
懐中電灯やラジオの電池は切れていないか、こまめにチェックしたいものです。

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 防災グッズを揃えよう > 緊急避難グッズ(一次持ち出し品)
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析