非常食は何がいいのか?

非常食としてどんなものを備えたらいいのでしょうか?調理いらずでそのまま食べられる乾パンなどは、缶に詰まっているため、腐りません。保存がきくので非常食としてはポピュラーでしょう。ただ、そればかりだと飽きてしまうのが難点ですよね。

 

非常食としての基本は「保存がきく」「栄養バランスのとれた」「調理の手間がかからないもの」「消化のよいもの」があげられます。そして、保存食の理想はなんといっても「おいしいもの」です。このような事態だからこそ、おいしいものを食べたいもの。気持ちが豊かになり、元気がでてくるでしょう。

 

 

 

 

■水かお湯で注ぐだけでご飯がになる「アルファ米」

 

お米を特殊に処理して3年間保存できるのがアルファ米です。白飯だけでなく赤飯もあり、お湯を注いで15分ほど経つとできあがります。お米は冷えるとふつうは美味しくなくなりますが、このアルファ米は長期保存が可能ですし、お米のうまさが失われないのが特徴的ですね。

 

 

○アルファ米 炊込みおこわ1食分

 

アルファ米 炊込みおこわ1食分
尾西食品
売り上げランキング: 2253

 

 

○尾西食品 おにぎり国際線・明太子

 

 

 

○尾西食品 五目ごはん(アルファ米)

 

アルファ米スタンドパック(1食タイプ) 五目ごはん
RHトラベラー株式会社
売り上げランキング: 13387

 

 

 

 

■おかゆ

 

また、普段は健康な大人でも避難中に体調を壊すことがあるかもしれません。
高齢者や幼児などがいるご家庭では「おかゆ」などのやわらかめの食べものを用意した方がいいでしょう。

 

おかゆのみで売られている商品もありますが、おかゆセットとして購入するのもいいですね。とりそぼろや牛肉大和煮、汁物としては味噌汁などがついていると嬉しいもの。これなら、味に飽きることなく、子どもさんやお年寄りにも食べてもらえそうですね。

 

 

○尾西食品 白がゆ 40g 801-KE

 

尾西食品 白がゆ 40g 801-KE
尾西食品
売り上げランキング: 46618

 

 

○尾西食品(Onisi foods) 梅がゆ

 

尾西食品(Onisi foods) 梅がゆ
尾西食品
売り上げランキング: 6076

 

 

■非常食ラーメン(5年保存)

 

 

ラーメンは誰でも好きな国民食です。災害にあったからといって食べてはいけないものではなく、こういうときこそ自分の好きなものを食べれるよう備えておくことも大事!被災者の多くが温かい食事を食べたいと思っています。災害時以外でも、通常食としてキャンプや登山などのレジャーにも最適ですのですよ。5年ほどの長期保存も可能な商品もあるのでこれこそが備蓄用におすすめですね。

 

 

○美味しい防災食<ラーメン(265kcal)>

 

 

 

 

 

■レトルト食品、フリーズドライ食品

 

 

非常時には、停電していることも十分に想定できるので火を使って温めなくてもよいものを準備しておいた方がいいかもしれません。今は、温め不要でご飯にかけて食べることができるレトルトカレーがあります。

 

袋に直接お湯を注ぐだけで食べられる野菜ミックスもあります。風邪やインフルエンザ予防にも野菜不足は問題になるはず。フリーズドライならいつでもどこでも種類豊富な野菜をとることができるのでこれはおススメの非常食ですね。

 

 

 

○レスキューフーズ(1食ボックス)シチュー&ライスx12食セット 非常食【防災グッズ】

 

 

 

 

■缶詰

 

長期間保存できるものといえば「缶詰」ですよね。缶詰を選ぶ際は、缶切りのいらないパッカン・タイプのものを用意しておくと便利ですよ。そうでなければ、缶切りを一緒に袋に詰めておくのもいいでしょう。

 

おかず系では「おでん缶」「牛肉大和煮」「焼き鳥缶」などいろいろなバリエーションがあります。非常食といえども主食にあう味の濃いおかずがあると助かるもの。いろいろな種類の缶詰を備えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

○ノザキブランド 牛肉大和煮携帯缶 160g

 

ノザキブランド 牛肉大和煮携帯缶 160g×3缶ネット
川商フーズ株式会社
売り上げランキング: 3620

 

 

○ホテイ やきとり たれ味缶 260g

 

ホテイ やきとり たれ味缶 260g
ホテイフーズ
売り上げランキング: 37480

 

 

 

 

■缶入りのパン

 

保存期間は製造から5年間と長期。ご飯に飽きたら食べてみるに良いでしょう。

 

 

○災害備蓄用缶入りパン オレンジ

 

災害備蓄用缶入りパン オレンジ
あすなろパン
売り上げランキング: 427

 

 

 

 

■甘い食べもの

 

 

お腹がすくと体力だけでなく気力も失せるもの。そんなとき甘いチョコレートがほしくなったりしますよね。避難生活のちょっとしたストレス発散にもなりますし、カロリーが高いので体力維持にもなるでしょう。チョコレートだけで6日間生き延びたという例もあるのどですから、ここぞということきの非常食にはうってつけですよね。

 

氷砂糖、固形のハチミツ、長期保存も可能なドロップも甘さ対策にはいいかも。体力維持と精神を癒すためにもこちらはおススメですよ。

 

 

 

○【非常食・備蓄食品好適品】水をそそげばアッというまにきなこ餅 - 厚生労働省「栄養機能食品」「備蓄食品好適品」、阪神大震災の被災体験から生まれました。

 

 

 

 

 

○実用的で人気です☆ 非常食安心セット

 

 

 

 

 

■非常食はどれくらい用意すればいいの?

 

 

被災にあってから救援物資が届くまで自力で生き抜かなくてはなりません。被害状況が把握できて順調にいけば、被災後から救援物質到着まで3日くらいですが、自分がいる被災場所へ順調に届くとはかぎりません。交通網の断絶などで救助が受けられない場合もあるからです。

 

本当は1か月くらい保存できたら安心ですが、それを持ち運びするのは大変ですよね。ということで非常食は、最低でも2週間分くらいは用意しておいてくださいね。

 

 

 

■避難期間が長引いた場合に強い味方!

 

 

○インスタント食堂 (e-MOOK) [大型本]

 

 

めんつゆ、焼肉のたれ、パスタソース、カレー・シチューのルー、お茶漬け、ふりかけ、缶詰、海苔の佃煮、など、インスタント食品やレトルト食品は、実は優秀な調味料! 味付けは10秒でOK。簡単、手間いらず、誰が作ってもおいしいごはんの出来上がり。避難期間が長引いた場合の強い味方になるでしょう。

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 防災グッズを揃えよう > 非常食は何がいいのか?
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析