グラッときた時の10のコツ

■地震で揺れている時

 

 

□グラッときたら身の安全を確保しよう

 

机の下に隠れるなど、家族の身の安全を確保しよう
揺れがおさまるまでそのまま様子をみてください。

 

 

 

 

 

 

■地震の揺れがおさまったら

 

 

□すぐに火の元の確認(または初期消火)

 

火を使っているならすぐに火の消す。慌てずに火の始末を行いましょう。
もしも出火したときは、落ちついて消火することです。

 

 

 

 

□慌てた行動はしない。落ち着いて行動する。

 

地震の揺れから食器棚からコップやお皿などが落下し散乱しているかもしれません。ガラスなどの破片が落ちているのに慌てて歩き回ったらケガをしてしまいます。
落ち着いて行動するようにしましょう。

 

 

 

 

□窓や戸を開きましょう。避難できる出口を確認しよう

 

揺れがおさまったら、避難できるよう出口はあるかチェックしましょう。

 

 

 

 

□外へ慌てて飛び出さない

 

慌てて外へ逃げ出したとき、窓ガラスの破片や瓦などが落ちてくるかもしれません。
落下物の危険があるので要注意しながら落ち着いて外へ避難したいものです。

 

 

 

□ブロック塀などには近寄らない

 

外へ避難している最中はブロック塀などには近寄らないようにしましょう。
余震などのちょっとした揺れでも倒れ落ちてくる危険性があります。

 

 

 

 

■地震が終わったら

 

 

 

□誤った情報に惑わされない

 

チェーンメールや噂ばなしなど中には誤った情報も潜んでいます。
この情報は真実かどうか、の判断力を持つことは大切です。
ラジオやテレビ、行政などから発信される情報をもとに行動した方がいいでしょう。

 

 

 

□家族と近隣の方の安全を確かめよう

 

家族の安否はもちろんですが、近隣に住んでいる方々の安全も確かめましょう。
「大丈夫ですか?」と大きな声で確認し合いましょう。

 

 

 

□協力して救出し救護しよう

 

もしも、倒壊した家屋で下敷きになった人がいれば、近隣にいる方と協力しあって
救出し、救護してあげましょう。自分一人ではなく、必ず何人かと協力しあうのがポイントです。
素人には救助できそうもなければ消防隊員にすぐに連絡してください。

 

 

 

□避難所に行く前に必ず家チェック

 

 

ブレーカーを切ったり、ガスの元栓を締めたりしてから避難してください。
避難生活に必要なものはあらかじめ用意しておき、それを持って敏速な行動が要求されます。

 

 

 

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 地震対策のあれこれ > グラッときた時の10のコツ
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析