災害伝言ダイヤル(171)を使おう

災害伝言ダイヤルとは、大地震や噴火、台風などが発生し、被災地への安否確認電話が殺到し電話がつながりにくくなった場合に、NTTが判断して利用できるようになります。このサービスは被災地内の公衆電話からは無料で、それ以外の伝言の録音や最盛時の通話料のみが有料です。

 

 

@伝言録音次回は1伝言あたり30秒以内
A伝言保存期間は、録音してから48時間
B伝言蓄積数は1電話番号あたり1〜10件
  (災害の希望に応じて変更)

 

 

災害伝言ダイヤルのサービス開始は、テレビやラジオやインターネット上で知らせてくれます。被災地の指定は、都道府県単位が原則です。

 

 

 

 

 

■災害伝言ダイヤル(171)の使い方

 

 

 

@ダイヤルをかける

 

まずは災害伝言ダイヤル「171」をダイヤルします。

 

 

 

Aガイダンスが流れる

 

するとガイダンスが流れます。「こちらは災害伝言ダイヤルです。録音される方は【1】、再生される方は【2】、暗証番号を利用される方は【3】を、暗証番号を利用する再生は4をダイヤルしてください」という感じです。

 

≪暗証番号を利用するなら≫

 

この暗証番号というのは、ほかの人に録音メッセージの内容を聞かれたくない場合に利用します。この暗証番号を利用するかどうかは自由です。

 

 

 

Bダイヤルを選択し、登録する

 

たとえば、【1】を選択します。そうすると「被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい方の電話番号を、市外局番からダイヤルしてください。
被災地域以外の方は連絡を取りたい被災地の電話番号を、市外局番からダイヤルしてください」という指示があるので、被災地の市外局番から番号を登録します。この番号の登録がIDとなります。

 

 

 

 

Bそのまま電話の指示通りに行う

 

 

登録すると「電話番号○○-○○○-○○○○の伝言を登録します。プッシュ式の電話機をご利用の方は数字の1のあとシャープを押してください。ダイヤル式の方はそのままお待ちください。なお、電話番号が誤りの場合はもう一度おかけ治しください。ピッ」という指示がでます。プッシュ式だったら1のあとシャープを押す。

 

 

C伝言メッセージを入れる

 

そしたら「伝言をお預かりします。ピッと押してください」となるので、家族に伝えたりメッセージを録音しましょう。たとえば「みどりです。家は半壊しましたが、私も子どももおばあちゃんも無事に生きてます。今、△△の避難所にいます。」というふうにメッセージしましょう。

 

 

≪伝わりやすいメッセージのコツ≫

 

メッセージに欠かせないのが「自分の名前」「家族の安否」「今、避難している場所」などです。「家の様子」なども伝えられるとよいでしょう。できれば、ゆっくりとはっきりした口調で話した方がいいでしょう。

 

 

Dメッセージの再生

 

録音したあとに【9】とシャープを押します。そうすると録音されたメッセージが流れます。訂正する場合は、【8】とシャープを押します。

 

 

 

 

■離れている家族が録音メッセージを聞く場合

 

 

 

離れている家族が録音されたメッセージを聞く場合は【2】を押してガイダンス通りにしたがって聞いてください。しかし、この災害ダイヤル「171」はみんなが知っていなければどうしようもありませんよね。

 

ですので、『誰かとはぐれているときは「171」を利用しよう!』と家族の間であらかじめ話し合っておいた方がいいでしょう。その方がスムーズに安否の確認ができると思います。

 

 

 

 

 

■災害伝言ダイヤルサービスの注意点

 

このサービスは、被災地いしていされた都道府県の電話番号だけということです。災害伝言ダイヤルを登録できるのは被災地に指定された都道府県の電話番号だけです。

 

被災地から登録する場合でも市外局番から登録しないといけません。被災地外からも被災地の電話番号で登録録音できます。

 

しかし、被災地優先になるので、被災地の回線にゆろちができたときに利用できるようになります。しかし、被災地外からの伝言サービスの利用は必ずしもスムーズとはいえないようです。

 

 

 

 

■「171」以外の家族連絡方法

 

 

「171」で家族の安否を確認できたり、家族に連絡できたりできますが、ほかにもNTTドコモの「災害用伝言板」というiモードサービスもあります。このサービスは、パケット通信なので回線が込んでいても完全に使用不能に陥ることが少なく、時間はかかっても通じやすいという利点があります。

 

過去の大地震で何度も利用した方の意見だと、携帯電話がかからなくてもこのiモードの「災害用伝言板」は何度やっても一度でメッセージが送れて便利だったそうです。「171」以外にこちらを利用するという方法もあります。

 

 

 

 

 

 

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 地震対策のあれこれ > 災害伝言ダイヤル(171)を使おう
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析