犯罪とパニックから身を守る方法

大地震が起これば、人間は不安と恐怖、パニックに陥るでしょう。また、停電が起こり夜は真っ暗になります。犯罪がいつ起こってもおかしくない状態となるのです。

 

 

■震災が起こると犯罪が起こりやすい?

 

 

震災が起こると犯罪が起こりやすい傾向にあります。犯罪が起こりやすい種類として「金品を狙う火事場泥棒」「食料不足などの要因から、生存手段として止むを得ず行われる犯罪」などがあげられます。

 

東日本大震災のときの日本人の秩序の良さは、海外メディアでも広く報道されたのは有名ですよね。「日本人は秩序が保たれていて犯罪なんかは起きない」と好意的に報じられるものが多かったようです。

 

しかし、まったく犯罪がなかったかというとそうではなく、倒壊した家屋や焼き付けられた家屋から金庫や貴重品が盗まれたという報告はあるようです。ほかにも被災地で心配される犯罪は、留守宅への空き巣、休業中の銀行や商店などに侵入した店舗荒らし、自販機荒らし、偽ボランティアによる窃盗行為なども心配されるでしょう。

 

日常生活で起こる多くの犯罪は、人口が多いところほど多く発生しやすいです。ですので、東京などの都市圏で大地震が起これば凶悪事件が起こる可能性も高まるでしょう。

 

 

 

 

■貴重品は肌身離さず持っていよう

 

普段の生活よりも犯罪が起きやすい状況であることを想定して、震災が起こったら貴重品などは絶対に肌身から離さないことです。できれば、家の中の貴重品は持って逃げるのが安心でしょう。

 

 

 

 

■女性はとくに単独行動をしないこと

 

また、貴重品を絶対に肌身から離さないことと同時に気をつけなければならないのが女性の単独行動です。女性一人だけで行動するのは絶対に避けたほうがいいでしょう。特に停電になったときの夜道は危険です。近所の人と集団で帰宅する計画をたてたり、家族や身内、信頼できる人たち迎えを頼んだりするなど、対策を立てておきましょう。

 

それができない場合は、「防犯ブザー」を持ち歩くことをお勧めします。特に「携帯ランプに防犯ブザーがついたもの」はおススメです。防犯グッズとして推奨されている笛も同じように有効でしょう。

 

これらのアイテムは、再び地震がおきて危険な状況になった場合にも自分の居場所を救助隊に知らせる役目もはたすので、防犯以外にも役立ちますよ。

 

 

○ヤマタニ 防犯ブザーライト パール 5800N

 

ヤマタニ 防犯ブザーライト パール 5800N
ヤマタニ
売り上げランキング: 8836

 

 

 

 

○プリンセス防犯ブザーチャーム

 

プリンセス防犯ブザーチャーム GE037P
アスカ
売り上げランキング: 8719

 

 

 

○東芝 防犯ブザー

 

東芝 防犯ブザー DB-81-W
東芝
売り上げランキング: 7458

 

 

 

○女性におすすめ リップスティック型催涙スプレー (ピンク)

 

女性におすすめ リップスティック型催涙スプレー (ピンク)
リップスティック
売り上げランキング: 40909

関連記事



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 地震対策のあれこれ > 犯罪とパニックから身を守る方法
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析