本当か?デマか?正しい情報の見分け方

大地震では家が倒壊したり、多くの犠牲者がでたりして日常生活ではありえない不安定な心理状況になります。被災にあっている場合は、停電や混乱などでテレビなどの情報を得られないことが多いです。 不安と焦

» この記事の続きを読む

グラッときた時の10のコツ

■地震で揺れている時 □グラッときたら身の安全を確保しよう 机の下に隠れるなど、家族の身の安全を確保しよう 揺れがおさまるまでそのまま様子をみてください。

» この記事の続きを読む

家族と連絡がとれる方法を決めよう

■公衆電話がつかえるように小銭を持っておくこと もしも家族と離れ離れのときに大地震が起こったらあなたはどうしますか? 離れた家族と連絡をとろうにも災害の影響で一般電話も携帯電話も規制さ

» この記事の続きを読む

災害伝言ダイヤル(171)を使おう

災害伝言ダイヤルとは、大地震や噴火、台風などが発生し、被災地への安否確認電話が殺到し電話がつながりにくくなった場合に、NTTが判断して利用できるようになります。このサービスは被災地内の公衆電話からは無

» この記事の続きを読む

犯罪とパニックから身を守る方法

大地震が起これば、人間は不安と恐怖、パニックに陥るでしょう。また、停電が起こり夜は真っ暗になります。犯罪がいつ起こってもおかしくない状態となるのです。 ■震災が起こると犯罪が起こりやすい?

» この記事の続きを読む

地震予知に挑戦しよう!

ある日突然になってくるのが地震というもの。突然、予想していないほどの大揺れが起こることで人々や物の被害も膨大なものとなります。その分、パニックも大きくなりますし、二次被害、三次被害へとつながることもあ

» この記事の続きを読む

もしも…の時のIDカードの使い方

■IDカードについて IDカードとは、地震後万一気を失ったり、意識不明のときに備えて個人データを記入して持ち運ぶカードのことです。コピーをとって家族ひとりひとりがデータを記入して持ち歩くよう

» この記事の続きを読む



Special Thanks

「わが家」と「財産」の守り方

家の中での地震対策

防災グッズを揃えよう

地震対策のあれこれ

最新記事

 
家族を守る「地震対策」マニュアル > 地震対策のあれこれ
Copyright  家族を守る「地震対策」マニュアル  All Rights Reserved
ページの先頭へ
QLOOKアクセス解析